ブログ

ブログ

2017.08.18

知識に順番をつける②前に進みたかったらつるぎを抜け

(前回のつづき)
勉強する内容に順番をつけるというのは難しいことではありません。ドラクエみたいなものです。
最初はよわっちくて(勇者のくせに)スライムくらいしか倒せなくて、きみはよくまあ勇者なんて名乗れるよね、なんて思いながら敵を倒していくとレベルが上がって強くなる。ゴールドも増えて強い武器も買える。武器屋の商人の「ここで装備をしていくかい?」というやさしさに「はい」で応え、はがねのつるぎを装備する。もはや自分に敵はいるまいと勘違いしてちょっとあやしい洞窟に足を踏み入れる。そしたら予想以上にモンスターが強くて命からがらもとの町に戻って体制を整え直す。やれやれ、と未熟さを実感しつつ粛々とレベル上げにいそしむ。どうくつをクリアして町にもどったらなんか様子がおかしい。どうやら僕がどうくつの奥深くにあったつるぎを抜いてしまったせいで魔界の扉が開いてしまったらしい。モンスターに荒らされた街の様子を見て勇者は誓う。魔界の王をその手でたおすことを。いけ、勇者よ。物語は始まったばかりである。・・・・


勉強もまあ似たようなものです。いきなり洞窟行ったらやられてしまうとか、洞窟イベントを順番にクリアしないと先にいけないとか、そのままのたとえです。きちんとした装備やレベルがないと次にいけない!感覚は勉強で是非もってもらいたい感覚の一つなんです。
RPGをやったことのない方が見てもなんのこっちゃ、ですね、すみません。。


でも、ほとんどの生徒は優先順位を意識していません。今の状態じゃ絶対解けないだろうという問題(モンスター)に出くわしたとき、いまの自分じゃ太刀打ちできないかもという判断ができません。つるぎを抜かないと前に進めないことに気が付きません。物事には順番があるということは部活動とかで経験済みで頭では理解しているけれど身体が動きません。するとその問題を考えるだけで時間が過ぎ、できないことへの劣等感なんか植え付けられちゃったり。そこで私たち指導者たちは「まずはここからだよ」って手を差し伸べてあげます。子どもたちは今日も知識の「全体像」と「優先順位」がきちんとわかったおとなからの救いの手を待っています。
いけ、教師よ。物語はすでに始まっているのだ。

カレンダー

«9月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フィード

ブログ内検索

  1. ホーム
  2. ブログ
ページの先頭へ