ブログ

ブログ

2017.10.21

本当の復習・復習すべきこと・復習の仕方

秋雨の10月。12月の気温らしい。60年ぶりだそうな。台風もやってきてる。悲しいことは何も起きなければいい。無事で、在れ。
中3英語の勉強では、いまクライマックスに差し掛かっています。「関係代名詞」「分詞」という文構造がとても複雑になる単元です。きちんと理解するにはとても時間がかかります。その奥深さに気づけるならば、英語が一気に面白くなる単元でもあります。
 ほんとにほんとに基礎がわかっているかどうか。え?大丈夫だと思います。それはほんとにほんとにほんとにか?はい、大丈夫ですってば。それはほんとにほんとにほんとにほんとにか?(しつこい‥‥)
 そうか、では次の問いにも答えられる?といって書いて質問してみる。以下の図は今日の「宿題」の一部です。

 その生徒の今日の理解度に合わせて出してみました。私たちは「基礎」を甘く見ません。基礎ができているかどうかを見抜いて指導します。基礎が正しく身に付けば、そのあとの学習内容の理解力も上がります。勉強は積み木です。土台がしっかりしていればいくらでも木片を積み上げれられます。次の展開を推測できるようになります。教育心理学の専門用語では「推論」と言います。与えられた状況から答えを予測する力です。例えば「昨日も雨」「今日も雨」「そうか、今は秋雨前線が発達する時期か」、すると「明日も雨かもしれない」「天気予報を調べよう」「傘を用意しておこう」と結論付ける力です。この推論能力が上がっていくことは勉強そのもののひとつの達成目標なんです。あるいはテスト・入試はこの推論能力を試すために作られています。(最近の入試は図・グラフ・表から推論できることを聞くパターンが多いので、レベルが高いです)。論理的な考え方はこの推論能力と深い関係にあるとされます。

 この推論能力は、確かな基礎・基本を必要とします。先ほどの例では「秋雨前線」という天気についての確かな知識と、2日連続で雨が降っているという観察力に基づきます。

 基礎が身についているかどうかをみるには、「自分の言葉で現象を説明できるかどうか」がひとつのポイント。問題練習でいくら〇がついても、「じゃあさ、そもそも関係代名詞ってどんな働きをするものだっけ?自分の言葉で説明してごらん?」という問いになると、これがなかなか難しい。「関係代名詞は、名詞を後置修飾する働きがあります。後ろが動詞になるか、主語動詞と続くかで2種類あります。一つ目が関係代名詞の主格です。2つ目が‥‥」なんていう説明ができるようになるまでには時間がかかるでしょう。他にも、1600年に起きた東軍と西軍に分かれた天下分け目の戦いは?と聞かれれば関ヶ原の戦いと答えられますが、関ヶ原の戦いを説明してごらん?になると答えに窮する。これも同じです。時間がかかります。「秋雨前線」を説明できるようになるのも時間がかかります。

 でも、僕は諦めない。もっとも難しい単元だからこそ、もっとも正確な基礎を求められている。添付した図のような課題を常に生徒に課していきたい。でも、最初は絶対うまくいかなから。間違えてもいいから勇気をもって答えてほしい。試行錯誤しながら基礎は磨かれていくから。


 僕が言いたいのは、「こういう課題ってなかなかないよね」ということ。市販の問題集で分詞とは何か?なんてありません。空欄補充問題とか、記号選択問題とか、並び替え問題とかに尽きます。大学受験系の問題集には、一風変わった形式でこういうのもあります(ほんとにたまに)。全国的に有名な予備校の先生が執筆しているようなやつです。高校受験系では今のところ見たことがありません(結構調べているつもりですが、あったら申し訳ございません…僕の勉強不足)。

 では学習塾ではどうか。学生アルバイトさんはまずやらないでしょう。非難しているわけではありません。教育そのものを勉強するような時間がとれないので仕方ないことであります。
 専任教師がやっている塾はどうか。これもちょっと塾ならみんなやっているとは言い難いところではあります。こういう質問力は質問をする側の個人の差が出てしまうので、系列の塾全体の統率がとれません。
 学校の課題でもあまり見かけたことがありません。よって、身近にいるやれるひとがやるしかありません。使命感をもって教えています。

こういう問いに答えられなくて「この問題なんかよくわかんないけど、昨日やった問題と同じやつじゃん、ラッキー、これこれ…」という感じにしたくないんですよね。それは本当の勉強とはいわないだろう、と。「パターン学習」とはよく言うけれど、基礎ができていないパターン学習の効果は限度があります。

 勉強時間のわりに点数がついてこないんですよね…なんて悩みをよく保護者の方から聞きます。一番かわいそうになるケースです。だって、頑張っているのに‥‥ それは、今回ブログに書いたことにひとつのヒントがあります。

カレンダー

«11月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

フィード

ブログ内検索

  1. ホーム
  2. ブログ
ページの先頭へ